トップへ戻る

糖尿病食事療法

血糖値高いねえ。食生活を変えなきゃ糖尿病になるよ

 

ってお医者さんによく言われちゃう人。
いわゆる「食事療法」をしなさいということですね

 

でもどう変えればいいのか、そこまでは先生も細かく教えてくれない。

 

だから食生活変えなさいって言われても、
具体的にどうすればいいのかわからない人って
結構多いんじゃないでしょうか。

 

まさに3年前の私がそうでした。
「なるべくヘルシーな食べ物が良さそう」
「脂っこいものは食べない」
など、上辺だけで考えて、間違った食事療法やってました。

 

例えばラーメンは体に悪そうだけど、
うどん・そばはヘルシーだからたくさん食べてもいい!などの
間違った知識で時間を無駄に過ごしてしまいました。

 

せっかく、糖尿病食事療法をするなら、
正しい知識を身につけてから始めないと損します!

糖尿病改善におすすめのホームページ
  • 糖質の多い食品
  • 糖質サプリ
  • 糖尿病予防食事
  • サラシア100
  • 糖尿病食事療法の2つの大原則

    さて、では具体的に食事療法とはどうすればいいのでしょうか?

     

    糖尿病の食事療法については複雑なので、
    それだけで一つの学問みたいなところがあります。

     

    全部が全部を科学的に説明しても、
    「結局何をやったらいいのかわからない」ってことになりかねません。

     

    だから頭に入れておいて欲しいのはまずこの2つ!

     

    炭水化物を減らす
    血糖値を下げる食べ物を摂る

     

    この2つの大原則さえ守っていれば、
    少なくとも今より糖尿病が進行することは無くなるはずです。

     

    炭水化物…糖尿病を引き起こす大敵

    世の中には色んな美味しいご飯が自分たちを手招きしてきますが、
    その中でも「血糖値を上げやすい食べ物」というのがあります。

     

    これを避けちゃうのが一番効果的です。
    そして、血糖値を上げちゃう食べ物の代表が「炭水化物」です。

     

    炭水化物って何かと言うと、例えばこの辺りです。

     

    ご飯
    麺類全般(ラーメン、うどん、そば、パスタなど)
    パン

     

    「え、これ全部ダメなの?」って絶望感を覚えちゃった人。
    自分も食事療法を勉強し始めた頃同じこと思いました!

     

    うどん・そばもダメなんだ。。。見た目ヘルシーっぽいのに。。。
    と、がっくり来たのを覚えてます。

     

    ご飯はコメ、うどん・パスタなどは小麦粉。
    つまり主食。主食って炭水化物率がめっちゃ高いんですよ。
    だから血糖値をガンガン上げてくれます(^^;)

     

    なんてこった!
    なぜ人類は炭水化物を主食にしちゃったんだ!
    ちくしょー!

     

    って嘆いたことがあります。
    昔の人はどうしてそんなことをしたんだ。

     

    でも現代人と違って昔の人は、
    そんなにガツガツご飯を食べられたわけじゃないですから、
    糖尿病なんて無縁だったんですね。

     

    手軽にカロリーが取れる炭水化物を主食にしちゃったのは仕方ない。
    食べ過ぎちゃう現代人が悪いんです。
    昔の人、八つ当たりしてごめんなさい。

     

    血糖値を下げる食品を摂る

    炭水化物を減らしたら次にやるのはこちら。
    血糖値を下げてくれる食品はたくさんあるんですが、
    1つずつ覚えようとすると結構大変。

     

    なのでシンプルにこの2つを頭に入れておきましょう。

     

    野菜(ただし芋を除く)
    大豆

     

    野菜はほとんど全部が血糖値を下げる働きを持っています。

     

    ただし、その中でもジャガイモなどの芋類は、
    炭水化物を多く含んでいるので逆に血糖値が上がる点に注意です。
    芋類はアフリカなんかでは主食になってるぐらいですからね。

     

    主食 = 炭水化物 = 血糖値を上げる

     

    って図式は覚えておきましょう。
    芋類は避けながら野菜を多めに摂ってください。

     

    大豆は我々の祖先が昔からよく食べてきた食品で、
    日本人の長寿を支えてきたヘルシー健康食品の代表格。

    手軽に手に入る大豆食品は味噌、醤油、豆腐、納豆など
    日本のスーパーには豊富に溢れています。

     

    海外ではなかなか大豆製品は手に入らないそうですよー。
    日本人でよかった!

     

    大豆食品の中でも特にオススメは豆腐納豆ですね。
    消化が良くてヘルシーな豆腐と、食物繊維が豊富な納豆。
    この大豆製品の二枚看板を積極的に食べるようにしましょう。

     

    その他の大事な糖尿病食事療法テクニック

    一度にたくさん食べない

    ついついやっちゃいがちな暴飲暴食。
    これも糖尿病を引き起こす悪い食習慣です。

     

    例えば朝食べないで、昼は少しだけ。
    そして夜にたくさん食べちゃう人。こういう人は糖尿病になりやすいのです。

     

    ご飯を食べると体内でインスリンが分泌されます。
    たくさん食べれば食べるほど、たくさんインスリンが必要になります。

     

    この時にインスリンを出す「すい臓」に負担がかかり、
    長期的にジワジワとインスリンを出す機能が衰えていき、
    ある境界を超えてしまうと糖尿病になるわけです。

     

    だから、一度にたくさん食べないってめっちゃくちゃ大事。
    毎日1500カロリーで生活するのなら、

     

    朝0、昼300、夜1200 = 合計1500カロリー
    これはダメ!夜に集中しすぎ!

     

    朝400、昼400、夜700 = 合計1500カロリー
    こっちの方がはるかにすい臓に負担がかかりません。

     

    なるべく一日3食小分けにしてご飯を食べる習慣をつけましょう。

     

    ゆっくり食べる

    これも意外と侮れない糖尿病食事療法テクニック。
    ゆっくり食べるメリットは大きく2つあります。

     

    1つ目はすい臓にインスリンをゆっくり分泌させられる
    2つ目は満腹中枢を働かせて食べる量を抑制させられる

     

    高齢の糖尿病患者さんがたくさん入院しているとある病院では、
    ご飯の時に必ず水戸黄門を流すそうでうす。

     

    で、水戸黄門が終わる頃にご飯がちょうど食べ終わるように、
    患者さんにゆっくり食べてもらうよう指導しているそうなんですね。

     

    テレビドラマはCM除くとだいたい45分ぐらいです。
    このぐらいのんびり食べることでインスリンもゆっくり出るし、
    食べてる間に胃から脳に「もうお腹いっぱいだよ!」と、
    満腹中枢を刺激してくれるのですぐに満腹感を覚えやすいです。

     

    高齢者の人って水戸黄門好きだから画面に見入っちゃうそうで、
    余計にゆっくり食べる効果が増してるらしいですw

     

    さすがに働いている人が毎食45分もかけるわけにはいかないので、
    夜だけは自分の好きなドラマを見ながらゆっくり見る習慣を
    取り入れるといいんじゃないでしょうか。

     

    炭水化物は最後に食べる

    ご飯などの炭水化物は食べた途端に血糖値が急上昇しちゃいます。
    なるべく穏やかにゆっくりと血糖値を上げるためにも、
    最初に野菜、次に肉や魚、最後に炭水化物という順番が吉。

     

    特に最初に野菜を食べておけば、
    野菜自体が持つ血糖値を下げる働きがさらに効果的になります。

     

    食べる順番を変えるだけで、
    血糖値をコントロールできるなんて面白いですよね!

     

    ちょっと面倒でもこういう細かな工夫を積み重ねましょう。

     

    糖尿病の食事療法まとめ

    以上、糖尿病食事療法について説明してみました!
    大事な点をまとめてみましょう。

     

    ・炭水化物をとにかく頑張って減らす(超重要)
    ・野菜、豆腐、納豆を多めに摂る
    ・一日3食まんべんなく食べる
    ・一度にたくさん食べ過ぎない
    ・ゆっくりのんびり食べる
    ・野菜を最初に、炭水化物は最後に食べる

     

    まずは一番上の炭水化物を減らすことから取り組んでみませんか?
    その後で徐々に下のテクニックも使えるようになると完璧です。

     

    ただ、長い年月で自分に染み付いた食生活を変えるのは
    そんなに簡単なことじゃないです。

     

    誰でも100%成功するわけじゃありません。
    自分だって何度も何度も失敗してきました。

     

    糖尿病を防ぐには食事療法が本当に大事なんだと
    強く自分に言い聞かせて頑張って欲しいです!

     

    それでも、どうしても意志が弱くって
    今までの食生活を変えられない人もいるでしょう。

     

    そういう人は糖尿病サプリメントを摂るという手もあります。


    トクホを取得しているサラシア100など、
    信頼のおけるサプリメントを摂りながら、
    ゆっくりと糖尿病食事療法に取り組むといいでしょう。

     

    サラシア100は、小林製薬と近畿大学が共同開発したトクホのサプリです
    私もすでに半年以上愛用して、体重も減っているので十分効果はあると思います!
    やはり、食事のたびにあれこれ気にするのは結構大変です

     

    付き合いもありますからね。
    そういったときは、努力が無駄にならないようにぜひ活用しましょう!

     

    お互い気をつけましょうね